生活習慣病

tel_sp.png

生活習慣病とは

生活習慣病は、以前は成人病と呼ばれていたものです。しかし、年齢によるものだけでなく生活習慣そのものが原因となって発症する病気が多いため、現在は「生活習慣病」を呼ばれています。特に食事、運動、睡眠、喫煙、飲酒といった生活習慣が病気の発症に大きく関わっていますので、若い方も油断せずに予防に気を配るようにしましょう。

主な生活習慣病

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 高尿酸血症(痛風)  など

生活習慣病の原因は共通しているものが多いため、複数の疾患を併発してしまう方も多くいらっしゃいます。逆に言えば生活習慣を見直せば、これらを同時に予防することができますので、早めに一度検査を受け、できることから取り組みを始めるようにしましょう。

生活習慣病の治療

生活習慣病は、怪我や感染症とは異なり、ある程度の年月をかけて進行していきますので、治療も同様にある程度の時間がかかることがほとんどです。継続して生活習慣を改善していく必要がありますので、患者さまご自身の根気も欠かせません。

まずやるべきことは、食事、運動、睡眠、喫煙、飲食といった生活習慣を見直すことで、ある意味では薬や手術よりもこれらの生活習慣改善が最も重要な治療であると言えます。実際に生活習慣を変えるだけで数値が改善され、お薬が必要ない方もいらっしゃいます。

そうでない場合にはお薬も併用していくことになりますが、あくまでもお薬は補助的なもので、生活習慣の改善、特に食事療法と運動療法は絶対に必要となります。お薬で数値を抑えればこれまで通りの暴飲暴食を続けても問題ないということではありませんので、注意してください。

生活習慣病を放置しておくと

生活習慣病は、がん、心疾患、脳血管疾患といった命に関わる重い病気との関連も指摘されていますので、できるだけ早く治療を行うことが重要です。自覚症状がほとんどないまま進行していく疾患も多いので、定期的に健康診断を受診し、わずかな変化も見逃さないようにしておくことが早期発見や早期治療へと繋がります。中には、自分は健康な身体をしていて体調も良いので問題ないと過信してしまう方もいらっしゃいますが、知らない間に病気が進行しており、ある時急に取り返しのつかない事態が発覚することもあります。何かあってからそれを治療するのではなく、予防や早期発見を大事にしていきましょう。

定期健診をお勧めします

生活習慣病の悪化を防ぐためには、定期健診が欠かせません。定期健診には大きく2つのメリットがありますので、ご紹介いたします。

メリット1 客観的な指標で、自分の身体のことを知るきっかけになる

全く自覚症状がない病気を自分で発見することはできません。また、「疲れやすい」「なんとなくだるい」といった軽い症状をそのまま放置してしまう方はたくさんいらっしゃいます。健康診断で身体の変化を数値化すれば、今の自分の状態を正しく把握することができます。

メリット2 適切な予防の取り組みができる

自分の身体の状態を正しく知ることができれば、それに合わせて適切な予防措置を講ずることが可能になります。ちょっとした数値の変化を捉えることで、大きな病気が発症する前に生活習慣を見直し、無理のない範囲で健康で楽しい生活を続けていくことができます。

病気が悪化してから治療をすると、検査や治療に大きな経済的な負担がかかるようになり、時間も取られてしまいます。また、場合によっては薬を一生飲み続けなければならない、好きなものを食べられないし飲めないといったことにもなりかねません。早めの取り組みが、あなたの健康とQOLを維持することに繋がります。まずは一度、木村内科へご相談ください。あなたの状況に合わせて、最適な取り組みについてお話しさせていただきます。

facebook健康ブログオフィシャルサイト
TEL:078-351-4114