がん検査

がん検診を目的とした最新の血液検査でがん発症リスクを早期に発見

アミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS)検査

血液検査アミノインデックスがんリスクスクリーニング検査(以下「AICS」)は、がんの早期発見につながる採血による検査です。
血中の各アミノ酸の濃度を測定し、そのバランスを解析することでがんリスクを調べます。身体のどの部位のがんリスクが高いかということも分かります。
さまざまな部位に起こるがんのリスクを包括的に、また手軽に調べられる検査です。(がんを診断する検査ではありません)

このような方におすすめ

  • 血縁のある親戚に、がんにかかった人が多い方
  • 複数のがんのリスクを一度の検査で知りたい方
  • 喫煙している方
  • 飲みすぎてしまうことがある方
  • 血圧が高めの方
  • 糖尿病、高脂血症の方

検査の対象となるがんと年齢

 対象となるがん
男性(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん
対象となる年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25~90歳
前立腺がん 40~90歳
子宮がん、卵巣がん 20~80歳

腫瘍マーカーとは何が違うの?

腫瘍マーカーは、がん細胞が産生するタンパク質・ホルモンの量を調べてがんを見つける検査です。がん細胞がある程度増えてからでないと、検査結果に反映されません。
一方でAICSは、体内の各種アミノ酸の量を調べて、そのバランスからがんリスクを算出する検査です。ごく初期のがんから、がんリスクが結果に反映されます。

すべてのがんを確実に見つけられるものではありません。

AICSは、複数のがんを、一度に、それも早い段階でリスク評価できる優れた検査です。
ただ、すべてのがんを100%見つけられるものではありません。一つの指標として検査結果を受け止め、必要に応じて画像診断や腫瘍マーカーによるがん検査を受けることが大切です。

検査方法

AICSは、採血のみで終了します。レントゲン撮影などはありません。
検査結果は、約2週間後に当院でお渡しします。

マイクロアレイ血液検査

マイクロアレイ血液検査は、異物であるがんに対して、遺伝物質(m-RNA)がどのように反応するかを調べることで、胃、大腸、すい臓、胆道といった消化器のがんを発見することができる検査です。
CT、MRI、PET検査などでも検出できない、ごく初期のがんを見つけることが可能です。
検査は採血のみでありながら、がん検出感度(がんを正しく判定できる確率)は90%と言われています。

このような方におすすめ

  • 血縁のある親戚に、がんにかかった人が多い方
  • 消化器のがんの有無を一度の検査で知りたい方
  • 胃カメラ検査、大腸カメラ検査の前段階の検査を受けたい方
  • 喫煙している方
  • 飲みすぎてしまうことがある方
  • 血圧が高めの方
  • 糖尿病、高脂血症の方

検査方法

マイクロアレイ血液検査は、採血のみで終了します。レントゲン撮影などはありません。

マイクロアレイ血液検査結果報告書(サンプル )

TEL.078-351-4114
一番上に戻る
一番上に戻る
お問い合わせはこちらアクセスはこちら