高血圧

tel_sp.png

高血圧とは

血液は、心臓というポンプによって全身に流れています。その時に血管内でかかる圧力のことを血圧と呼んでいます。特に心臓が収縮して大きな圧力がかかり、大量の血液が全身に送り出される瞬間の血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」と言い、逆に心臓が拡張して血液の流れが緩やかになった瞬間の血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」と言います。そして、これらがある一定の基準を超えると高血圧と呼ばれる状態になります。

血圧のガイドライン

  • 至適血圧 最高血圧120mmHg未満 かつ 最低血圧80mmHg未満
  • 正常血圧 最高血圧130mmHg未満 かつ 最低血圧85mmHg未満
  • 正常高値血圧 最高血圧130~139mmHg または 最低血圧85~89mmHg
  • I度高血圧 最高血圧140~159mmHg または 最低血圧90~99mmHg
  • II度高血圧 最高血圧160~179mmHg または 最低血圧100~109mmHg
  • III度高血圧 最高血圧180mmHg以上 または 最低血圧110mmHg以上
  • (孤立性)収縮期高血圧 最高血圧140mmHg かつ 最低血圧90mmHg未満

血圧が高くなると血管や心臓に負荷がかかるようになり、その状態が続くと血管は弾力を失って動脈硬化が進み、心臓は機能が低下してしまいます。そして動脈硬化が脳や心臓で起きると、血管が詰まって命に関わる重大な疾患を引き起こすこともありますので、血圧そのものを早めにコントロールしておくことが重要です。

高血圧のまま放置しておくと

高血圧を放置しておくと、動脈硬化が進み、やがて血液が流れにくくなったり、血管内に血の塊ができたりします。そして完全に血管が詰まってしまうと「狭心症」や「心筋梗塞」といった病気になります。また、脳で同じことが起きると「脳梗塞」になり、血管が破れて出血すると「脳出血」となり死に至ることもあります。場合によっては、命に別状はなくても脳に異常をきたす「脳卒中」に繋がることもあります。

このように、高血圧は心臓や脳に大きな影響を与えるもので、命にも関わるとても重大な病気だと言えます。そんなことにならないためにも、血圧が高めの方は早めに治療に取り組むようにしましょう。

高血圧の治療について

まずは生活習慣の見直しとして、塩分や脂質、タバコ、お酒を控えていただきます。また、適度な運動も欠かせません。これらに取り組むだけでも数値が改善する方は多いのですが、それでも不十分な場合には並行して血圧を下げるお薬を処方することになります。健康診断などで血圧が高いことが明らかになった方は、早めに木村内科へご相談にいらしてください。

facebook健康ブログオフィシャルサイト
TEL:078-351-4114