脂質異常症

tel_sp.png

脂質異常症とは

脂質異常症は、血液に含まれるコレステロールや中性脂肪などの量が一定の基準を超えている状態で、以前は高血圧症と呼ばれていました。簡単に言うと血液がドロドロになっており、それによって動脈硬化が引き起こされ、最終的には心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしてしまうことがあります。脂質異常症そのものには自覚症状はありませんので、健康診断などで血液検査を受けた際に異常な数値があった方は、必ず早めに受診するようにしてください。

脂質異常症の基準

以下のいずれかに当てはまる方は、脂質異常症となります。

  • LDLコレステロール値 140mg/dl以上
  • HDLコレステロール値 40mg/dl未満
  • トリグリセライド(中性脂肪)値 150mg/dl以上

脂質異常症のセルフチェック

  • 家族に脂質異常症の方がいる
  • 家族に動脈硬化の方がいる
  • 太っている
  • お酒をよく飲む
  • 運動する習慣がない
  • 血圧が高い
  • 糖尿病を発症している
  • 痛風になりやすい
  • 脂っこいものが好き
  • 甘いものをよく食べる
  • 閉経している(女性)

これらのいずれかに当てはまる方は、脂質異常症になりやすい傾向にあります。心配な方は一度検査を受け、必要に応じて早めに予防を始めるようにしましょう。

脂質異常症を放置しておくと

脂質異常症は、それ自体がとても怖い病気というわけではありませんが、動脈硬化を引き起こし、最終的には心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めてしまうという特徴があります。また、すい炎の原因となることもあります。生活習慣病は、一つの病気が他の病気を連鎖的に発症させ、治療がとても大変になることが珍しくありません。早い段階で治療をしておけば、それだけ患者さまやご家族の負担も抑えることができますので、自覚症状がなくても放置せず、早めに治療に取り組むようにしましょう。

脂質異常症の治療

他の生活習慣病と同様に、脂質異常症においても食事療法と運動療法が中心になります。特に食事についてはコレステロールが多い食品を避け、ビタミン類を意識して摂取するようにしましょう。また、ゆっくりとよく噛んで食べるなど、「食べ方」の改善も重要です。適度なアルコールは善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす効果がありますが、飲み過ぎると中性脂肪が増えてしまいますので、ビールであれば1日瓶1本くらいまでに抑えるようにしてください。その他、詳細につきましては患者さまのご状況に合わせて治療計画をお作りしていますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

facebook健康ブログオフィシャルサイト
TEL:078-351-4114