健康ブログ

tel_sp.png

2014.02.27更新

生活習慣病は、ケガやインフルエンザのような感染病とは違い、日々のよくない生活習慣の積み重ねで症状が少しずつ進行していく病気です。
ですから、疲労感のような自覚症状はあっても、病気だと特定できるような症状は現れにくく、気がついた時には治療が困難だったり、複数の病気を発症していることも少なくありません。

そうした生活習慣病は、定期検診で早期発見できます。
生活習慣病は、進行すると日本人の3大死因であるがんや心臓疾患、脳血管疾患のリスクを高めることになってしまいますので、早期発見をして、早期治療をすることが大切です。

生活習慣病の治療は、薬の服用ではなく食事療法と運動療法がメインです。
当院は、患者さまおひとりおひとりに合わせたアドバイスをしますので、まずはお気軽にご相談ください。

投稿者: 木村内科

2014.02.27更新

高血圧や糖尿病、肥満、脂質異常症などの生活習慣病を患っている方は、増加傾向にあります。
生活習慣病は成人だけの病気ではありません。
少し前まで、子供は外で遊んで、それなりの運動もしていたのですが、近頃はゲームなど屋内での遊びが主流となっているため、小中学生の肥満率なども増え続けています。

運動をはじめ、食事や喫煙、飲酒などの習慣を改めることなく、生活習慣病を回避することはできません。
「良くない習慣が多いな」と感じていらっしゃる方は、定期的に検診をし、体が今どのような状態であるかを把握することから始めましょう。

現状がわかれば、予防する方法も明確になります。
神戸市にお住まいで、検診で指摘を受けたことのある方や長年検診を受けていない方は、当院でまず健康診断をしてください。

投稿者: 木村内科

2014.02.19更新

皆様はバセドウ病という病気をご存知でしょうか。

多くのメディアで報道される機会の多いこの病名を見聞きされたことがある方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

病名はご存知でもどのような症状を引き起こすのか意外に知られていないのが現状です。
バセドウ病とは甲状腺の病気の代表的なものであり、新陳代謝が活発になりすぎるために体が常に疲労を感じるようになり、やがて徐々に進行していくのが特徴です。

症状として疲れやすさの他に汗をかきやすくなることやイライラが増えること、首が腫れることなどが挙げられます。
当院では、従来の内科の診療も行う一方で甲状腺治療も行っており、バセドウ病の場合は症状にもよりますが、薬物療法を中心に治療を行い、場合によっては手術を行う場合もございます。

投稿者: 木村内科

2014.02.18更新

神戸市にお住まいのみなさま、いかがお過ごしでしょうか。
当院は生活習慣病治療や、甲状腺の治療に力をいれている内科です。
今日は甲状腺についてお話したいと思います。

甲状腺は、のどにあります。
のど仏の下あたりです。
いつもは筋肉に覆われているので、触ってもわかりませんが、腫れるとわかるほどになります。
腫れるのは甲状腺の異常が疑われます。
甲状腺の働きが強すぎると体は消耗状態になりますし、弱くなると体の各機能が低下します。
甲状腺の病気にはバセドウ病や橋本病があります。
いずれの場合も投薬を中心に、場合によって放射線治療や手術が必要になります。

首が腫れる、疲れやすいといった症状がある方は一度病院でご相談ください。

投稿者: 木村内科

2014.02.12更新

生活習慣病は、さまざまなトラブルを引き起こします。
高血圧や肥満、メタボリック、糖尿病などは少しずつ、でも確実に体をむしばんでいきます。

体調の悪化を止めるためには、適切な対応が必要ですが、自分自身ではなかなかストップがかけられないところが生活習慣病の難しいところです。
生活習慣病は、ある程度の年月をかけて進行するものであるために、治療にも相応の期間が必要になります。
また、治療には、食習慣、運動習慣をはじめとするあらゆる生活習慣の改善が必要になるので、治療をされるご本人さまにとってもストレスを要します。

そんなお客様の辛いお気持ちに寄り添いながら健康な体を培っていくためにアドバイスをさせていただきたいと思います。
どうかお気軽にご来院ください。

投稿者: 木村内科

facebook健康ブログオフィシャルサイト
TEL:078-351-4114